事業者ローンでお金借りれる?融資を通すには

事業者ローンでお金借りれる?融資を通すには

事業者ローン

中小企業に無担保で行う融資に、事業者ローンがあります。

 

保証人や担保を用意しなくても、事業者ローンは申込みから短時間で融資が受けられるので大変便利です。

 

事業者ローンの融資元は様々で、

 

銀行だけでなく、ノンバンクの金融会社からも融資を受けることが可能です。

 

かつては、銀行が事業者に対して融資を行う場合、

 

規模の大きい会社に限定されていましたが、最近では中小企業にも対応しています。

 

中小企業に対するローンは、大銀行だけでなく、

 

地方銀行や信用金庫、その他の民間の金融会社も行っているようです。

 

会社の運営にしろ、起業にしろ元手がかかりますので、どうにかして資金を得なければなりません。

 

可能な限りすぐに資金を獲得したいという人は、事業者ローンをノンバンクなどで借りるといいでしょう。

 

数日あれば、ノンバンクの事業者ローンの審査は結果が出ます。時には数時間で済みます。

 

スコアリング審査という手法が、融資の際には行われています。

 

審査のためにコンピューターに必要な情報を入れると、コンピューターがその情報に基づいて貸付条件や、金利条件を決定するという方法です。

 

融資上限額は低めで、手数料や金利が高くなりやすい傾向があります。

 

希望する借入額が大きめで、手数料や金利を低めに抑えたいという人にかんしては、

 

銀行や信用金庫が取り扱っている事業者ローンの申込みをおすすめします。

 

 

即日カードローン人気ランキング

無担保と有担保で事業者ローン

担保や保証人がなくても事業者ローンは利用できますが、場合によっては担保が必要になることもあります。

 

より低金利で、まとまった融資を受けたいという時は、むしろ担保を入れて事業者ローンを組むほうがいいことがあります。

 

借入金額に上限がある無担保融資は、大きな設備投資を必要としている時や、会社を設立したい時などに必要になることがあります。

 

大口の融資を受けたい時は、むしろ担保を使って、いい条件で融資を受けることです。融資をする方から見ても、担保があるなら返済不能リスクを低く抑えられます。

 

お金を貸す側も、担保があった方が安心して融資を行えます。長期返済に設定することも可能ですので、運転資金を圧迫する心配もありません。

 

事業者ローンの融資では、担保として用意した土地を抵当権にするという方法画が使われています。

 

この方法のネックは、抵当権の設定や、ローンの審査に時間がかかってしまうので、時間的余裕のある人向けという点です。

 

また、借りたお金が返しきれなくなった場合は、担保を手放さなくてはなりません。

 

まとまった融資を受けられますが、お金が返せなかった時は大変なことになります。

 

事業者ローン融資を受ける時は、担保を入れるか入れないかで条件が大きく異なってきますので、事前に返済計画を考えることです。

事業者ローン利用時の決算書

決算書をきちんと作成することが、事業者ローンでは大事です。

 

審査で決算書の内容を吟味して、貸付金額や返済期間、金利などが決まります。

 

事業者ローンは、起業する時なければ、過去1から3期ぶんの決算書を出さなければ融資が受けられません。

 

欠損金や含み損がなく、黒字で、売り上げが右肩上がりの決算所は、審査で高い評価を得られるでしょう。

 

銀行の事業者ローンの多くは、返済不能リスクを回避するために、保証人を必要としたり、担保がなければ融資ができませんでした。

 

そのため、担保や保証人のあてがない中小企業にとってみれば、お金を借りたいけれど借りられないということがありました。

 

事業者ローンでは、審査の方法はとても簡単です。

 

コンピューターに決算書の内容を登録し、コンピューターがスコアリング審査を行うことで信用の度合いが判断されます。

 

コンピューターが結果を出すために、駆け引きや交渉で貸付条件を動かすことはまずできません。

 

今後伸びそうに見える会社でも、コンピューターが融資の見こみなしと判断する恐れがあります。

 

欠損金もなく、順調に黒字の会社ばかりが、事業者ローンの融資を受けるわけではありません。

 

決算書に問題があると判断されれば、事業計画書や、経営改善計画書が必要になります。

 

今は赤字でも、将来的な黒字が期待できるのであれば、事業者ローンの融資は受けられます。

 

カードローン融資

ホーム RSS購読 サイトマップ